ドライバー採用の流れは?7つのステップで確実にドライバーを確保!

・ドライバー採用の流れが分からない。
・ドライバー採用の広告はどうやって選べばいいの?
・効率的なドライバー採用の方法を知りたい!

こんな声にお答えします。

この記事を読むと、

・ドライバー採用大まかな流れを掴むことができます。
・運送会社がドライバー採用をするに当たっての注意点を知ることができます。
・ドライバーを採用できる確率をあげることができます。

採用活動は単純に、広告を出稿して、応募してきた人を面接して、採用するだけだと思っている方が多いのではないでしょうか。しかし実際はそこまで単純ではありません。しっかりと計画を立てないと、せっかくお金をかけて行う採用活動において最高の結果を出せない可能性があります。

この記事では、運送会社におけるドライバー採用の全体的な流れを「重要な点」を含めて説明していきます。これからドライバーさんを増やしていきたいという運送会社の経営者さんは、是非のこ記事を一読してみて下さい。

ステップ1:ドライバーのターゲット設定

一番最初のステップとしてやることは、ドライバー採用時における『具体的なターゲット設定』です。経験者なのか未経験者なのか、中高年層なのか若年層なのか、女性なのか男性なのかなど様々なタイプのドライバーがいる中で、まず「どんなタイプのドライバーが必要か」と言う部分を明確に定義する必要があります。この『ターゲット設定』をするメリットは2つあります。

1つは会社に必要な人材を明確にできるという面です。人員不足から闇雲に「よく働いてくれそうな若者を採用しよう」と考えるのではなく、「うちの会社にはベテランドライバーが多いが、将来を担ってくれそうな若手のドライバーが居ない。このままでは10年後にはこの会社のドライバーが全員引退してしまうので、そうなる前に若い人材を何人か採用し、将来のために育成しよう」といった感じに採用する理由を明確にすることが重要です。

もう1つのメリットは、採用するドライバーのターゲットを明確にすると「どの求人媒体で広告を打つのか」「どういった文言で広告を打つのか」ということが明確になる点です。すると、今後のドライバーの求人活動が非常にスムーズに行くようになるのです。

Point!

自社の欲しいトラックドライバーを明確にする、この先のドライバー採用の流れを明確にするためにも「具体的なターゲット設定」が重要です。

ステップ2:予算の設定

次のステップとしてすべきことは、今回のドライバー採用における『予算を決めること』です。予算を決めるというのは、採用活動だけでなくビジネス全般として当たり前のことですが、これは「求人媒体を決める前」にやっておくべきことです。

この『予算を決めること』を先にやっておくメリットは2つあります。1つは、求人広告媒体を決めやすくなるという点です。ドライバーの採用活動において使える求人広告媒体はたくさんあります。そして、その求人媒体によってかかってくる費用というのは、大きく変わります。事前に「ドライバーを一人採用するのにかける費用はこれくらい」と決めておけば、その求人媒体を選ぶ作業もスムーズになります。

もう1つは、採用活動を引き締めることができるという点です。これは当たり前かつ精神的な部分になってしまいますが、事前に費用の上限を設けると「その予算以内で、採用活動を成功させなければならない」という意識が芽生えるようになります。すると、事前に採用活動の計画をしっかり立てるようになりますし、PDCAサイクルをしっかりと回せるようになります。お尻に火を付けるとうい意味でも予算を先に決めるというのは、優れた方法なのです。

ドライバー採用において大体どれくらいの費用がかかってくるのかというのは、5人ドライバーをIndeedで採用したら「費用は20万円」でした。という記事にて具体的に解説しています。よろしければ参考にしてみてください。

Point!

どの求人広告媒体を使うか、どうやって予算内で採用活動を成功させるかを決定するという面で「予算の設定」は重要です。

ステップ3:求人をする媒体設定

次に決めるべきことは、『ドライバー募集をどこでするか』という部分です。先ほど決めたターゲットに合わせて「中高年を採用するには紙媒体の求人を出す方が良いのではないか」「若者を採用するには、インターネットの求人サイトを使った方が良いのではないか」「女性を採用するにはSNSを上手に利用して採用するのが良いのではないか」と考えます。

若年層に関しては、大半の人がインターネットを経由して職を得るようになりました。また費用対効果においても、Indeedやタウンワークを利用する方がパフォーマンスが高いです。また、このようなインターネット求人サイトは『自分が狙いたいターゲットを設定できる』というのも魅力的です。

中年層に関しても、インターネットはもちろんのことそれに加えて紙媒体など他の方法も選択肢に入ってくるでしょう。基本的にはインターネットで問題ないとは思いますが、地域に密着した広告媒体(新聞やバスの釣り広告など)も捨てられない選択肢だと思います。これは、「ターゲット」「予算」「場所」「採用人数」などによってあなた自身が決める必要があります。

Point!

「ターゲット」「予算」などの要素を加味して、「求人媒体」を決めます。この判断は、みなさんの腕の見せ所です。

ステップ4:求人の文言を決め、出稿

ドライバー募集をする媒体を決めたら、あとは『どういった文言で募集するか』を考えます。これは一番時間のかかる、難しい作業であると言えます。なぜなら、あなたが採用したいターゲットのドライバーに文字(もしくは数枚の写真)だけで振り向いてもらう必要があるからです。

しかも、先ほど述べたようにドライバー採用においての有効求人倍率は非常に高く、しっかりと差別化を図らないと中々採用できない可能性があります。しかし、安心してください。特別なことをしなくても、「丁寧に、正確にあなたの会社情報を伝える」だけで結果は大きく変わってきます。具体的には、

  • 明確な給与(基本給・残業代)
  • 明確な労働時間(残業についても明記)
  • 明確な労働環境(オフィス・トラックについて)
  • 明確な仕事内容(研修はあるのか・どんなことをするのか)
  • 明確な安全基準(どんな安全対策をとっているのか)

などです。ここで重要になるのは「虚偽なく、正確に情報を掲載すること」です。これが重要な理由は2つあります。1つは、掲載した求人情報が正しくなかった場合、虚偽罪などで訴えられてしまう可能性があるという部分です。そして2つ目は、せっかくドライバーを採用できても求人情報が正しくなくドライバーがすぐにやめてしまったら、求人活動に割いた時間と費用が無駄になってしまうからです。

そして何より、会社の正確な情報をしっかりと掲載している企業は実はあまり多くないので、それをするだけで大きな差別化になるのです。大切なのは「丁寧さ、正確さ」と言えるでしょう。そして、最後に求人広告の見出しを決めます。これに関しては、「こんなドライバーにきてほしい」「ドライバーにこんなところをアピールしたい」という部分を全面的に、かつシンプルに表現するだけで問題ありません。

Point!

「丁寧に、正確にあなたの会社情報を伝える」ことを大前提に、「求人の文言を決めて、出稿」します。

ステップ5:応募を受ける

ステップ1から3は、あくまでドライバー採用の「下準備」。広告を出稿した後に、応募が来たらようやく採用活動が始まったと思うことが大切です。なぜなら、この採用活動の目的は『ターゲットしたドライバーを採用すること』だからです。面接をして、マッチした人を採用する。これが本番です。

応募を受けたら、すぐに返信・連絡をして面接の日時を設定しましょう。求職者は、あなたの会社だけでなく他の会社も同時に応募している可能性が高いです。昨今は、ドライバー不足というのもあり、他の運送会社も新規のドライバー獲得を切望しています。他の会社にそのドライバーをとられてしまわないように、素早く対応することをお勧めします。

Point!

応募を受けたら、対応は素早く。他の会社もそのドライバーを狙っている可能性が高いです。

ステップ6:面接

求職者から連絡を受けて、面接の日時を設定したら面接をします。面接をする前に、できるだけ求職者の不安を和らげるように、必要なものなどを事前に具体的に示しておくと親切ですし、会社の印象もよくなります。

具体的には「履歴書」「資格」「服装」「面接で聞くつもりのこと」などです。求職者の人間性を見るためにも、なるべく相手を自然な状態で面接させてあげることが重要かと思います。

また、良いドライバーを見抜くためにも面接そのものが非常に重要になってきます。優れたドライバーを採用するためには、面接でどんな部分を見れば良いのかというのは、ドライバー採用の面接で見るべきポイントは、たったこの3つだけ!という記事にて解説しています。興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

Point!

面接は、貴社にマッチしているドライバーを見抜くための時間。相手をリラックスさせて必要な情報をたくさん聞き出しましょう。

ステップ7:採用

面接にて、貴社にマッチするドライバーだと判断した場合、採用します。採用を伝えるのは、早ければ早いほど良いでしょう。理由は、先ほど述べた通りで、他の運送会社もそのドライバーを採用しようとしている可能性が高いからです。始業日を伝えて、あとはそのドライバーさんと働くだけです。

もし、そのドライバーさんがドライバー未経験の場合、教育をすることが重要になってくることでしょう。ドライバーさんの教育に関しては、ドライバー採用後の教育フローと「うまいやり方5つ」を知ってますか?という記事にて情報をまとめてみましたので、興味のある方は参考にしてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?ドライバーの採用活動における具体的な流れを掴むことはできたでしょうか。流れをもう一度振り返ると、

Point!

ステップ1:ドライバーのターゲット設定

ステップ2:予算の設定

ステップ3:求人をする媒体設定

ステップ4:求人の文言を決め、出稿

ステップ5:応募を受ける

ステップ6:面接

ステップ7:採用

でした。このフローを頭に入れて、具体的な行動計画をたてて採用活動に望むとドライバーを採用できる確率も上がってくるのではないでしょうか。この記事を読んで皆さんのドライバー採用活動が上手くいくことを心から応援しています。

 

無料ダウンロード

トラウケのサービス内容や料金詳細、導入メリットなどをPDFファイルで1つにまとめました!

・既存の社員では業務が追い付いていない。
・ちょっとした業務をやってくれる人が欲しい。
・求人広告をもっと上手に運用したい。

けど、新しい社員を雇うほどではない・・・

「トラウケ」は運送会社に特化した一部業務の代行サービスを行っており、そんな悩みを全て解決できます。

そんなあなたの悩みを解決するトラウケのサービス内容や料金詳細、導入メリットなどが記載された資料を作成しました。

・導入後、人件費などのコスト30%削減に成功!
・導入後、すぐに売上が10%アップ!
・導入後、たった2週間でドライバー3人の採用に成功!

などを実現するトラウケについて、この1つの資料だけで簡単に理解できます。

資料には実際に導入した運送会社の経営者によるレビューも記載してあるので、トラウケ導入後の具体的な売上アップ・コスト削減のイメージをすることができます。ぜひダウンロードして読んでみてください。

 

資料を無料ダウンロード

 

「たった1カ月」で【コストの30%削減】に成功するなんて!?
詳細はコチラをクリック
「たった1カ月」で【コスト30%削減】に成功!?
詳細はコチラをクリック!